青山剛士研究員が新学術領域研究「植物構造オプト」国際シンポジウムにて優秀ポスター賞を受賞しました

Establishment of multiple imaging technique using fluorescent lifetime

Tsuyoshi Aoyama, Nagisa Sugimoto, Yoshikatsu Sato


2022年11月19日 - 20日に行われた新学術領域研究「植物構造オプト」国際シンポジウムにて、青山剛士研究員が「蛍光寿命イメージングを用いた多重イメージング」について発表を行い、優秀ポスター賞を受賞しました!

今年9月に開催された「植物構造オプト若手の会」での優秀発表賞(蛍光オーキシンの開発)に続いての連続受賞、たいへんおめでとうございます!