About us

“Enter through the narrow gate.” - Matthew 7: 13 -

IMG_1681_edited_edited.jpg

 光生物学グループでは、ライブイメージング技術を基盤としたライブセル解析を軸に、植物の私生活を理解する研究を展開しています。はじめて蛍光顕微鏡で植物を観察したのは、キウリ芽生えの表皮細胞でした。光の強さや光質(色)を利用して発生や細胞分化を調節する植物の巧妙さを知り夢中になりました。それから四半世紀が過ぎましたが、いまだに植物のもつ潜在能力に触れるたび、自然を畏れる機会が与えられていることに感謝します。

 生物学を探究する私の動機はつぶさな観察にもとづく発見の歓びです。センターチーフとして運営する名古屋大学ライブイメージングセンターの光学顕微鏡技術を中心に有機合成小分子、マイクロ流路など様々な技術を用いて、心から面白いと思える現象を最新技術で解く研究を行っています。さらに、植物に新しい問いを投げかけ、誰も知らない手つかずの現象を発見する驚きや歓びを学生や研究員、技術スタッフを含めたみなさんと展開したいと思います。

2020年8月1日 佐藤 良勝